赤緑感染

《撃砕確約/Built to Smash》が《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》を始めとするアーティファクトクリーチャーの感染持ちと相性良いので、赤緑感染を組んでみようと思います。
いつも通り土地は適当です。

メインデッキ
クリーチャー
4:《ぎらつかせのエルフ/Glistener Elf》
4:《貴族の教主/Noble Hierarch》
4:《胆液爪のマイア/Ichorclaw Myr》
3:《ゴーア族の暴行者/Ghor-Clan Rampager》

スペル
4:《撃砕確約/Built to Smash》
4:《強大化/Become Immense》
4:《顕在的防御/Blossoming Defense》
4:《変異原性の成長/Mutagenic Growth》
4:《古きクローサの力/Might of Old Krosa》
3:《突撃のストロボ/Assault Strobe》
1:《四肢切断/Dismember》
1:《ティムールの激闘/Temur Battle Rage》

土地
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》
3:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
2:《ペンデルヘイヴン/Pendelhaven》
2:《森/Forest》
1:《ドライアドの東屋/Dryad Arbor》

サイドデッキ
3:《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》
2:《四肢切断/Dismember》
2:《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
2:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
2:《野生の抵抗/Wild Defiance》
2:《血染めの月/Blood Moon》
1:《破壊的な享楽/Destructive Revelry》
1:《ヴィリジアンの堕落者/Viridian Corrupter》


《突撃のストロボ/Assault Strobe》はモダンで使える赤い《狂暴化/Berserk》。
赤が使えるのでほぼカウンターされないパンプアップの《ゴーア族の暴行者/Ghor-Clan Rampager》が使えるようになりました。
《胆液爪のマイア/Ichorclaw Myr》は《撃砕確約/Built to Smash》の対象確保、さらに能力でチャンプブロックをされてもトランプルと二段攻撃で毒殺が狙いやすいような形に。

サイドの月はそんなに影響ないと思われるので、サイド後はちゃんと森を出すってのを心がければなんとかなるかもしれない…?

青緑と違ってサイドからカウンター取れない分、他で補う形でサイドは組むと思います。
とりあえずメインはこんな感じで、お金に余裕があれば組んで遊んでみたいですね。

コメント

このブログの人気の投稿

2016/11/06[Diary]FUNKY_BINGO_PARADISE_9

2016/06/24[MTG]FNM_Modern

2016/03/20[MTG]TeamModern