レギオンズ!オープニングイベント(デッキ作った人側の話)

こんなことを言っておいてアレなんですが、承認欲求に負けてレギオンズの所感とかをまとめときます。
デッキ作った人の話なので実際のメタとかの話は使用者の鷺ノ宮がお話してくれると思います。
カードリスト見た感じは新緑の精霊、女王の護衛戦士リコッテ等のパワーカード擁する緑を触らない理由は特にないように思いました。
結果的に決勝は7/8が緑絡みでまあそんなもんだろうというような感じでした。

で、大会参加に向けてデッキ選択をする上で重要なのがこのカードゲームの肝であるデッキは2色使用することが前提になっている点。
つまりここで緑と何を組み合わせるのかという話です。緑黒、緑白、緑赤どれを選択するかということです。
各組み合わせを見た感想を以下にまとめました。

黒緑の場合は、威圧持ちやスチームライダー等の単体性能が良い黒のミニオンが使えるようになりますが、リコッテで踏み倒して美味しいミニオンがほぼいないのが欠点かなと感じました。
展開する上でスチームライダーとの噛み合いは良さそうですが、他の色にある優良な配置時効果を無視できるかと言われると無理です。
しかし、専用カードを見ると神託の巫女ナユタがどこの色にもない回復とドローを一人でやってくれる高性能ミニオンがあり、リコッテで釣り上げてかなり美味しいミニオンであるわけです。
ただそれ以外のミニオンに相性がいいものがあるわけでもなく、LRの結界神『アメノサギリ』は常時-1/-1修正で盤面の対処を楽にしてくれるのですが、黒緑のカラーパイが盤面干渉というよりタイムライン干渉が主でアメノサギリまでに盤面で負けてしまうと自ずとタイムライン干渉した所で効果が薄くなったり後手後手の処理になってしまう点が気になり選択肢からは外れました。

残りは緑白と赤緑です。結果は赤緑を握ってもらったわけですが、色々悩みました。
白は単色でも序盤の除去になるすねこすり、回復とWT加速が出来るハイビショップなどのユニットやアンサモンなどの除去があり、
専用カードにはヴァンガード・スピカがおり、初手に配置すれば効果で樹海の戦士カルドスなど性能の高いユニットを3Tにコストを支払わずに出すことが可能になる非常に強力なユニットがいます。
また、援軍の到着や将軍の大号令で展開にもそこそこ長けており、リコッテが釣ることができればさらに展開となります。
さらに援軍の到着はスキルであり3ターンごとにユニットを踏み倒すことが出来るため、返しの展開も用意できる良い色だと感じました。
結局選ばなかった理由としては、ヴァンガード・スピカ以外に強い配置時効果がいないのとロードが個人的に微妙だった所です。
聖銀の戦乙女『リーンリーン』はミニオンに+1/0のみで結局タフネス以上の先制持ちであったり、元から同士討ちのミニオンに対して無力すぎる所が嫌いという所と、万剣の王『スグラフ』でワンショットが決められないと厳しそうかなという点が結局選ばなかった理由です。
結局は盤面あけてスグラフで落とせば特に問題無いよねという所に納得できてればもっと違ったんじゃないかなと思います。少し鷺ノ宮には申し訳ない気持ちもありました。
で、メタの3割を締めた赤緑を選択した理由ですが、
このツイートに詰まっています。
下馬評通り赤には速攻持ちの烏天狗キッカであったり、専用カードに至ってはミニオンすべてがリコッテで釣り上げて美味しいミニオンである点とパワーカードであるスイッチアタックと妖精女王『エルルーン』を含めて6枚の踏み倒しがあるわけです。
ここからリコッテを含めれば簡単に場を埋めることが可能で、さらに出したリコッテは速攻を持ち、烏天狗キッカやハイドルイド・サーリャ更に自分の効果で出て来る新緑の精霊を絡めれば簡単にバーストが出せる所が強く、簡単に勝ててしまう所から選択しました。
おそらく弾を重ねるに連れ強力な配置時効果が増えるので、エラッタや禁止などの処置が取られるんだろうなと思ってます。

まあ先週から始まった同然のカードゲームなので、これからは夜叉姫『クラミツハ』や死神少女『ルルシュ』など赤緑に対しては相性の悪いロードがおり特に後者はミニオンでは突破しづらく配置時効果ではほぼ確定で1体除外される為赤黒はもうちょっとプレイングが磨きをかければ赤緑や緑白がtier1として座り続けた場合、明確なメタとして上がってくるんだろうなと思いました。
承認欲求の言い訳記事はこれで終わりです、ありがとうございました。

コメント

このブログの人気の投稿

2016/06/24[MTG]FNM_Modern

2016/03/20[MTG]TeamModern

DARK LEGACY CUP Vol.1れぽ