RGInfect1011

昨日の大会で見つけた欠点をある程度補うために改良します。

メインデッキ
クリーチャー16
4:《ぎらつかせのエルフ/Glistener Elf》
4:《貴族の教主/Noble Hierarch》
4:《胆液爪のマイア/Ichorclaw Myr》
4:《ゴーア族の暴行者/Ghor-Clan Rampager》

スペル24
4:《顕在的防御/Blossoming Defense》
4:《変異原性の成長/Mutagenic Growth》
4:《古きクローサの力/Might of Old Krosa》
3:《撃砕確約/Built to Smash》
3:《突撃のストロボ/Assault Strobe》
3:《巨森の蔦/Vines of Vastwood》
2:《強大化/Become Immense》
1:《使徒の祝福/Apostle's Blessing》

土地20
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》
3:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
2:《ペンデルヘイヴン/Pendelhaven》
2:《森/Forest》
1:《ドライアドの東屋/Dryad Arbor》

サイドデッキ
3:《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》
3:《四肢切断/Dismember》
2:《紅蓮地獄/Pyroclasm》
2:《野生の抵抗/Wild Defiance》
2:《血染めの月/Blood Moon》
1:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1:《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1:《ヴィリジアンの堕落者/Viridian Corrupter》

以下、解説
ゴーア族の暴行者は相手の予想外の一撃をぶつける、カウンターされない等メリットが多すぎるので4に増量します。
巨森の蔦、使徒の祝福は青緑と比べて《呪文貫き/Spell Pierce》などのカウンターが使えない分、《終止/Terminate》や《流刑への道/Path to Exile》に除去を当てられ、結果的にリソース切れで負けのゲームがかなり多かったです。正直、顕在的防御4枚で事足りると思ってましたが全然足りないので増やしました。元から青緑で積まれてる枚数以下で事足りると思ってた自分が甘かったです。

サイドデッキは紅蓮地獄を入れて《未練ある魂/Lingering Souls》等々を見ておきました。
血染めの月は墨蛾の生息地を潰してまで貼る為、そのまま感染持ちの肉で殺しきれるようなプレイングを心がけます。
また休日モダン杯あたりで回して駄目なら改良します。では、また。

コメント

このブログの人気の投稿

2016/11/06[Diary]FUNKY_BINGO_PARADISE_9

2016/06/24[MTG]FNM_Modern

2016/03/20[MTG]TeamModern